パスタをおいしくゆでる方法

pasta

パスタはイタリアの方にとって、日本における白米のようなもの。おいしいお米を炊くように、パスタもひと工夫するだけでおいしく茹でることができます。茹で方の基本はアルデンテ!アルデンテに茹で上げるコツをまとめてみました。

パスタのおいしい茹で方

パスタをおいしく茹で上げるには、芯を一本残した「アルデンテ」の状態に仕上げることが大切です。しかし規定の時間通りに茹でても失敗することもあります。規定の時間よりも早めの時間から、こまめに麺の状態を確認するようにしましょう。

また、ソースと麺の茹で上がりが同時になるのが理想です。とはいってもプロの料理人でないかぎり難しいと思うので、ソースを先に作っておいて麺の茹で上がりに合わせて温めるようにしましょう。

お湯はたっぷり!

パスタ100gに対して水は1リットルと多めのお湯で茹で上げます。水1リットルに対して塩を10g入れて、麺自体にも塩味を付けます。

パスタを入れる

パスタは沸騰しているお湯に入れます。お湯に入れたらパスタ同士がくっつかないようにかき混ぜます。

パスタを茹でる

パスタがくっつかないように、時々お鍋全体をかき回すようにします。

茹で加減のチェック

袋に書いてある茹で時間よりも、早めに麺の具合をチェックしましょう。予想より早く茹だるときもあります。

仕上げ

パスタが茹で上がったら、あとは手際の良さがポイント!水を切って、ソースとあえます。

パスタの節約茹で方

たっぷりのお湯を使って茹で上げるパスタですが、省エネな茹で方もあります。

電子レンジで茹でる

電子レンジは時短・節約料理に欠かせません。パスタを茹でるときにも使えますよ。

ゆでパスタ調理ケース 電子レンジ調理器

パスタと水を入れて、レンジにかけるだけで簡単にパスタを茹でることができます。少量分を茹でるときには断然便利ですよ。

鍋のフタを使う

通常の茹で方をするのが面倒になってしまいそうな、節約パスタ茹で方法!沸騰したお湯にパスタを入れて、火を止めてフタをしておいておくだけでパスタを茹でることができます。台所の部屋の温度を上げたくないときには、特にオススメです。

放置時間はパスタの袋に書いてある時間よりも少し短めでOK。節電・節約に繋がります。

この記事の評価

★★★☆☆

  
▲ページトップへ