美肌効果は特に気にしてないけど、甘酒の効果は気になる

amazake-top

「甘酒ブーム」と言われ始めて、そろそろ3年くらい経っている気がします。私は特に熱心に甘酒を飲んではいませんが、米麹の甘酒はおいしいのでたまに飲みたくなります。今更ながら甘酒の効果について調べてみました。

甘酒は「飲む点滴」

甘酒ブームと言われるようになって、3年くらい経っている気がします。

私は流行にウトイので甘酒が流行っていることも知らず、「飲む点滴?何言ってるの?」という気持ちでいました。

甘酒が「飲む点滴」と言われるのは、栄養が豊富だから・・・だそうです。私的に点滴というとマイナスイメージがあるので、「飲む点滴」と聞いた時はいいものとは思えませんでした。

甘酒には消化の吸収を助けてくれる消化酵素と、エネルギーに転換してくれるビタミンB群が豊富に含まれており、体力回復に優れているそうです。そう説明されると、点滴というのはマイナスではないのか・・・

甘酒の効果って何?

「飲む点滴」と言われ、近年すっかり定着した甘酒。

健康にいいだの、美容にいいだの、言われていますが、具体的にはどんな効果があるのか私は知りません!

今更ながら調べてみました。

などがあるようです。

もうね、これだけ効果があるなら、甘酒ってムテキのドリンクじゃない?!

私はイチイチ細かい栄養成分を覚える気はないのですが、甘酒にはビタミンB1、2、6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、ブドウ糖などが含まれているそうです。それらの成分が美肌やら便秘やらに効果を発揮してくれるということですね!

甘酒には2種類ある

amazake

甘酒ブームになるまで知らなかったのですが、甘酒は実は2種類あります。

酒粕を使ったものと、米麹を使ったものです。

昔からよく市販されているのが酒粕、最近大きく流行っているのが米麹・・・という印象です。

酒粕を使った甘酒は、アルコール・・・というほどではないけど、やっぱり酒粕なのでお酒に弱い人は酔っちゃうみたい。私も体調によっては甘酒で酔います・・・

酒粕の甘酒は、砂糖を使用しているものが多いです。ダイエット目的で甘酒を飲む場合は、特に注意ですね。

米麹の甘酒は、砂糖不使用のものが多いです。砂糖を使っていないのですが、甘いんです!お米の自然な甘さなのだそうですよ。

近年言われる甘酒ブームは、米麹を使ったタイプを言っていることがほとんどです。

購入する時は酒粕を使ったものか、米麹を使ったものかを確認してから購入する方がいいと思います。ていうか、私が毎回チェックを忘れることがあるから気をつけています。

甘酒を飲む時間

健康にいいだの、美容にいいだの、言われている甘酒ですが、私的には単純においしいからたまに飲んでいるくらいです。

なので、私は特に飲む時間も考えずに、小腹が減った時などに飲んでいますが・・・目的に合わせて飲む時間を変えるといいそうです。

1日のエネルギーチャージ
午後からのパワーチャージ
1日の疲れをリセット

という感じみたい。

結論:甘酒はいつ飲んでもいい!

・・・ということでいいかな?

ちなみに健康や美容のために飲む場合は、1日200ml程度でいいそうですよ。米麹の甘酒が健康にいい成分が多いと言っても、余分に飲む必要はないのですね。

ミルク甘酒?

今まで甘酒を飲む機会はそんなにありませんでした。最近の甘酒ブームに軽く乗っかって、たまに飲むくらいの私です。

京都に行った時に「大坂屋こうじ店」という、麹を扱ったお店に行きました。

大坂屋こうじ店

カフェが併設された三条神宮道店に行ったので、そちらでお昼ごはんとミルク甘酒ラテをいただきました。

甘酒なのに、ミルク・・・?とちょっと不安だったのですが、それがすんごくおいしくてねぇ!ようするに甘酒を牛乳で割ったものなんだけど、やさしい甘さとまろやかさに感激しました。

私には一切なかった発想なのですが、甘酒を牛乳や豆乳で割るというのがあるんですね。

甘酒のアレンジドリンク

ネットで調べてみると、甘酒を使ったアレンジレシピっていろいろあるんですね!

soymilk

私は基本的に甘酒はドリンクとしてしか飲まないのですが、

と、手軽にできるアレンジがありました。

といった、粉末やスパイスと組み合わせるのも定番みたいですね。

私は気が向いた時にしか甘酒を飲みませんが、毎日習慣としていると確かに飽きてきてしまいそう。そんな時はちょい足しレシピでアレンジするといいですね!

市販の甘酒の形状

私は甘酒は米麹のものしか購入しません。

でも米麹の甘酒って、自分で水で薄めて飲むタイプのしか見かけたことがないんですよね。


民芸あまざけ 360g

こういう感じの。

甘酒の原液・・・っていうの?どぼどぼした液状で、自分で水で薄めて飲むタイプ。

自分で薄めるのってひと手間かかるけど、好みの濃度にできるし、アレンジドリンクにもしやすいのはいいよね。

でも、私的にはもっと手軽に飲みたいんですよ!缶とかパックとか!しかし近所のスーパーで探すと、酒粕を使ったタイプの甘酒しか見つからないんですよね。


マルコメプラス糀米糀から甘酒缶 マルコメ[飲料]

と思っていたら、ちゃんとありました。

でもamazonで探しても、酒粕を使ったタイプの方が多いみたいですね。田舎のスーパーだとそりゃ扱いがないわ。


マルコメ プラス糀 米糀から作った糀甘酒LL(アルコール0%)

パックタイプもありました。

でもどちらもマルサンかぁ。味の好みが合えばいいけどなぁ。

そのまま飲めるのは便利だけど、フリーズドライや小分けになっているのも使いやすくていいよね。フリーズドライのは酒粕タイプしか見たことないけど、探したらあるのかなぁ?残念ながら見つけられなかった。

甘酒は冷凍保存できる

基本的に原液タイプの甘酒を購入することが多い私。規定の分量の水で薄めて、早めに飲み切るようにしています。

でも、原液の甘酒って冷凍保存できるんだよね!

以前購入した甘酒に、冷凍保存ができると書かれていました。

赤い甘酒って何?紅麹の甘酒を初体験したよ

この記事の時に購入した甘酒を、実際に冷凍保存しました。後日飲みましたが、何の問題もなく!ちゃんと甘酒でした!

この時は冷凍した分を全部一気に解凍したのだけど・・・よく考えたら、これを半分とかに分けて冷凍保存したらいいんじゃない?そうしたら一気に飲まなくてもいいし、好きな時に飲みやすくできると思うの!

ネットを見ていたら、甘酒は冷凍してもカチコチには凍らないみたいですね。だからそのままスプーンで掬えるとかなんとか・・・気になります。

でもドリンクとしてしか甘酒使わないから、私の場合は半分量で分けて冷凍・・・とかがよさそうかな。挑戦してみようと思います。

この記事の評価

★★★☆☆

  
▲ページトップへ