マカロンのおいしさがわからないから、ピエールエルメを食べてみた

PIERREHERME-top

マカロンは今や定番スイーツのひとつ。でも私はそんなに食べたこともなく、マカロンのよさがわかりません。バレンタインシーズンで名古屋でも販売していたピエール・エルメのマカロンを食べてみました。

マカロンのおいしさがわからない

マカロンは

というイメージがあります。

でも私はマカロンを食べたこと自体も少なく、食べてもおいしいと思ったことがありません。「何か和菓子みたい」というざっくりした感想しか持っていません。

そもそもマカロンは自分用に買うにはお値段も高めだし、小さいからお腹も膨れないし。食べてみたいと思っても、どんな時に買えばいいのかわからないのです。

そもそもマカロンって何なの?

マカロンって数年前に急に流行りだしたスイーツというイメージがあります。

私はアマノジャクな性格なので、流行っているものに対してとりあえず反発心を持ちます。なのでマカロンが流行りだした時も特に興味を持てず・・・今更ながらマカロンがどんなスイーツなのかを簡単に調べてみました。

今・・・『マカロン』で検索したら、関連ワードに『まずい』が出てきました!みんながみんな「マカロン最高〜!」と思っているわけではないのですね。ちょっと安心しましたw

さて、マカロンですがウィキペディアによると

卵白と砂糖とアーモンドを使ってオーブンで焼き上げた菓子。

とのこと。フランスを代表する洋菓子だけど、発祥地はイタリアなんですって!なんだか意外。

中に挟まれているのはクリームやジャム、ガナッシュなどで、「これでなくてはいけない」というルールはないみたいですね。

ピエール・エルメのマカロン買ってみた

今はマカロンを売っているスイーツショップは多くあります。私がパッと思い付く範囲で・・・サダハル・アオキ、ラデュレ、ミッシェル・ブラン・・・名古屋のお店ならレニエやカフェタナカなどもあります。

バレンタインシーズンは普段出店していないショップのスイーツも購入しやすいです。思い切ってピエール・エルメのマカロンを購入してみました!

ピエール・エルメを選んだ理由は「去年ピエール・エルメのマカロンを食べて、初めてマカロンをおいしく思った」からです。そうです、去年食べたんです!おすそ分けで1つだけ。

おすそ分けだからこそおいしかったのか、ピエール・エルメのマカロンが特別なのか・・・気になっていたからピエール・エルメにしました。

ピエールエルメのマカロンボックス

赤のボックスがかわいい♪サイトを見たところ、どうやらこのボックスはバレンタイン限定っぽいですね。

予算の都合もあるので、一番コンパクトな3個入りです。3個入りでも1,512円ですからね・・・私にはそんな気軽には買えないお値段です。それなら生ケーキ買った方がおなか膨れるよ。

どうでもよくないけど、この箱!驚くほど開かない・・・!こんなに開けるのに苦戦する紙製の箱、初めてだよ・・・開けるのに2分くらいかかった・・・

ピエール・エルメのマカロンの箱のヒミツ

とにかく開かないフタに苦戦しつつ、どうにか開封。

箱の開かなさには不満しかないんだけど、フタの裏にヒミツがありました。

ピエールエルメのフタ

フタの裏側に保冷剤が入っています。

pierreherume-hutanaka

購入するとき店員さんが「保冷剤が入っています」と説明してくれたけど、保冷剤入れている様子がわかりませんでした。受け取った袋の中にも保冷剤は見当たらないし。

最初からフタ裏にセッティングされているようですね!店員さんによる保冷剤の入れ忘れもないし、とてもいい仕掛けだと思います。

ピエールエルメの保冷剤

しかも、保冷剤自体にもヒミツがありました。

「環境型保冷剤」と書かれています。『なんのこっちゃ』と思いながら、ウラ面を見ると・・・

ピエールエルメの保冷剤裏側a

『除菌、消臭剤として再利用することができます』との説明書き。

説明を読むと「手洗い除菌」「まな板や布巾の除菌」「食材の除菌」「シンクの除菌」の方法が書かれています。個人的に食材の除菌は何か怖いんだけど・・・でもシンクの除菌になら使ってみようかなと思いました。

こういう機能的な保冷剤は初めて見たので、ちょっと感動しちゃいました。

カラフルなマカロン

ピエール・エルメの公式サイトから確認したところ、私が購入したのはやはりバレンタイン限定のものみたいです。「マカロン オ ショコラ 3個詰め合わせ」。

バレンタインに合わせてショコラ風味のフレーバーを中心にしているそうです。

pピエールエルメのマカロン

左から

去年、私がおすそ分けしてもらったのは黄色のモガドールでした。「パッションフルーツ風ガナッシュショコラオレ」という説明になっています。個人的にはパッションフルーツってちょっと苦手な味なのですが、そんな苦手さを感じずにおいしく食べられました。

今回もおいしく食べるぞ−!と思っていたら、マカロンを見つけた父が「オレ、マカロン結構好きだ」とか言い出すから・・・去年食べたモガドールはあげました・・・。残念(T_T)

バレンタイン限定のフレイバー

私は結局、バレンタイン限定フレイバー(多分)である「フレーズ ピスターシュ」を食べました。

緑がピスタチオ、赤い方がラズベリーかな?中のガナッシュは緑なので、ピスタチオかと思います。

びっくり。

ガナッシュの中にもラズベリーのジャムが入っていました。なので全体の味としてはラズベリーの方が勝っていますね。

マカロンっておいしい??

さて、肝心の味ですが・・・やっぱりマカロンはそんなにおいしくない食べ物のような気がしました。いや、味としてはおいしいんだけど、値段のありがたみも合わせて考えるとそんなに好んで食べたいものではないなぁと・・・。

それとも購入してから数日経過してしまったのがよくなかった??去年はおすそ分けしてもらった当日に食べたからよかったの??単純にフレイバーが好みだったの??

ピエールエルメのマカロンの種類

もらったパンフレットにはこれだけフレイバーが紹介されていました。これだけの種類を食べたら、好みの味にも出会えそうな気はしますが・・・

やっぱりマカロンのおいしさはわからない、というのが今のところの私の結論です。

食べた回数が少ないからまだ結論を出してしまうのは早いと思っていますが、コストパフォーマンスを考えると今後自分で買うことはやっぱりなさそうです。でもおいしいマカロンというものを食べてみたいので、気が向いたら懲りずに挑戦してみたいとは思います。

【追記】やっぱりマカロンはおいしい、かも

記事を書いたあとに、残っていた「アンフィニマン ヴァニーユ」を食べました。もらった冊子によるとアンフィニマン ヴァニーユは『バニラ風味ホワイトチョコレートガナッシュ』という説明になっています。

『ホワイトチョコか〜ふぅん〜』という気持ちで食べたら、とてもバニラな味でした。そしておいしい・・・!

どうやらマカロンは私にとってはフレイバー次第でおいしさが変わるお菓子のようです。「パンの中でもメロンパンは好きだけど、ジャムパンは好きじゃない」とか、そういう感じなのかな。

なのでマカロン自体がおいしくないというより、好みのフレイバーであることが私にとっては重要なポイントのようです。

そこも踏まえて、今後も機会があったらマカロンを食べてみたいと思います。次の目標はミッシェル・ブランのマカロンかな!

この記事の評価

★★★★★

  
▲ページトップへ