モッツァレラの食感?!塩豆腐の作り方

tohu

「塩豆腐」って知っていますか?豆腐に塩を付けるだけの超簡単料理なのですが、「モッツアレラチーズの食感がする」と言われています。そのままで食べるのはもちろん、料理へのアレンジもできるので使用用途は多いですよ。

塩豆腐とは

塩豆腐とは、絹ごし豆腐を塩に漬けた料理です。通常のまま食べる豆腐とは異なりモッツァレラチーズのような食感となり、料理に入れても型崩れがしにくくなります。

クックパッドにも多くの作り方が掲載されており、TVではTBSのはなまるマーケットやNHKのゆうどきネットワークでも紹介されています。

塩豆腐の作り方

塩豆腐の作り方は至って簡単!絹ごし豆腐に塩を塗って、しばらく置いておくだけ。失敗知らずの簡単料理です。

塩豆腐の材料

この分量は「はなまるマーケット」と「ゆうどきネットワーク」で同じでした。豆腐の量や好みに合わせて、多少分量を変えても問題ないと思います。

塩の代わりに塩麹を使うと、塩分を減らせますよ。

作り方

  1. 豆腐の片面に分量の半分(1g)の塩をまんべんなく付ける
  2. クッキングペーパーを2枚重ねにして皿に敷き、塩が付いていない面を上にして豆腐を置く
  3. 残りの塩1gを豆腐に付けて、クッキングペーパーで包む
  4. ラップをかけて冷蔵庫で24時間置く

塩を付けておくのに24時間かかりますが、作る作業自体はそんなに手間がかかりません。前日に準備しておけば翌日食卓に並べられます。

塩豆腐の特徴

塩豆腐に加工することで

などのメリットが生まれます。

塩豆腐を食べる

そのままで

塩豆腐は塩で味がつけてあるので、そのまま食べられます。塩豆腐はモッツァレラチーズ風の食感が楽しめます。

・・・と言われていますが、個人的にはモッツアレラチーズの食感は感じられませんでした^^;「豆腐は豆腐でしかない」というのが個人的な感想ですが、塩味になって味は美味しくなったと思います。

オリーブオイルをかける

オリーブオイルをかけることでイタリアン風に。バジルを添えるとオシャレで、ホームパーティーなどお客さんに出してもいいかも!

料理にアレンジ

塩豆腐自体に味がついているので、調味料を減らして味付けができます。塩豆腐にすることで型崩れがしにくいので、炒め物や揚げ物にも使いやすくなっています。

揚げ塩豆腐

【材料:4人分】

【作り方】

  1. 塩豆腐を8等分にカットして、片栗粉を付ける
  2. 片栗粉をつけた塩豆腐とレンコンを、弱火で揚げる
  3. 好みで大根おろし、大場、おろしショウガを乗せる

水切りをしただけの豆腐では、水分が残っているので揚げるのはなかなか難しいもの。しかし塩豆腐に加工してあるので、水分が抜けていて油ハネがしにくくなっています。

レシピではレンコンをいっしょに上げていますが、他の旬の野菜を使ってもOK。とろみのある野菜あんをかけても美味しそうです。

そのまま食べれば主役に、他の料理に合わせてれば名脇役にもなれるのが「塩豆腐」。肩の力をついて、軽い気持ちでいろんな料理に使ってみるのがいいかもしれませんね。

この記事の評価

★★★★★

  
▲ページトップへ