オーブンなしで、家庭でクッキーを作る方法

cookies-top

我が家にはオーブンがありません。ですがクッキーならオーブントースター、フライパン、魚焼きグリルで焼けます!それぞれの調理器具でクッキーを焼くときのコツや特徴をまとめてみました。

オーブンがないとお菓子は作れない?

我が家には旧式の大きなガスオーブンがありました。

しかし旧式なので

などの問題点があり、先日、ついに処分しました。

本当はお菓子を作りたいからオーブンは残したかったのですが、いかんせん「点火がこわい」というのが何よりのネックで・・・。軽くガス爆発を起こしてからは、どうしても使う勇気が出ませんでしたf(^^;;

長らく使っていなかったとは言え、オーブンがなくなったことでお菓子作りがますますできなくなりました。

ですが、私は自分の作るクッキーが好きです。何年も作っていないけど、食べたい時があります。どうにかならないものか・・・

オーブンを使わずに、手軽にクッキーを作る

オーブントースターでもクッキーくらいなら焼けるとわかっていますが、子供の頃オーブントースターで作ったクッキーはおいしくなかった記憶が強く残っています。それを思うとオーブントースターで焼く気にもなりません。

新たにオーブンを導入しないとお菓子作りはできないな・・・と思っていました。

しかし、ある日突然「魚焼きグリルでクッキーを焼けないかな?」と閃きました。ネットで調べてみたところ・・・本当に魚焼きグリルでクッキーが焼けることが判明!

魚焼きグリルでクッキーが焼けるか試してみた

魚焼きグリルという、身近で、意外な調理器具でクッキーが焼けることに驚きました。

その後、フライパンでも焼けることがわかりました。

クッキーってフライパンで焼けるの?

お菓子作りというと、基本的にはオーブンを使うイメージが強いです。

ですが、加熱さえ出来れば結構どんな調理器具でもクッキーは焼ける!と思います。

オーブンのない家庭でクッキーを焼く場合

などがあります。

オーブントースターで焼くクッキー

オーブンはなくても、オーブントースターを使っている家庭は多いですよね。

oventoster

オーブントースターのいいところは

などがありますが、私的には気構えず、気楽に使いやすい調理器具というのが一番いいところだと思います。

オーブントースターでクッキーを焼くときの注意

オーブントースターで焼く時は、アルミホイルに油を塗ってから生地を並べます。油を塗らないと、クッキーがアルミホイルにくっついてしまいます!

焼き加減の強弱設定ができないオーブントースターの場合は、表面が焼けたらアルミホイルを被せるなどして温度調整を。アルミホイルをかぶせることで、表面を焼かずに内側を加熱することができます。

時間は10〜15分くらいが目安かと思います。クッキーの様子を見て、取り出します。

オーブントースターで焼くときのデメリットは時間がかかることかな。節電を考えている人だと、一番気になる点かも。

オーブントースタークッキーの特徴

オーブントースターで焼くと、乾燥しやすいように感じます。だからこそトーストを焼くときも表面がサックリに仕上がるのだと思いますが。

オーブントースターで焼いたクッキーは、固めの仕上がり。しっかりした食感が合うクッキーに向いているかと思います。

フライパンで焼くクッキー

フライパン焼き、結構オススメです!

flyingpan

片面ずつしか焼けないので時間はかかりますが、自分で焼き加減を確認できるのが私的にはやりやすいです。

フライパンでクッキーを焼くときの注意

フライパンで焼く時は、私はクッキングシートを敷いてから焼いています。焦げ付きにくいし、フライパンも汚れない!

火加減は弱火がいいと思います。中火以上だと表面だけ焦げて、内側まで火が通らない可能性があります。

フライパンだと焼き加減がわかりやすいのですが、大きめのフライパンがないと一気に焼けないのはちょっと面倒かも。枚数をムリヤリ並べると端の方のクッキーがナナメになります。

我が家にはありませんが、ホットプレートでも焼けそうですね!ホットプレートだと端の部分まで平らなので、フライパンより効率がよさそうです。

フライパンクッキーの特徴

フライパンで焼いたクッキーは「フワっサクっ」とした、素朴な食感が特徴。オーブントースターで焼いたクッキーよりも、やわらかな食感です。

カントリー系のクッキーは、フライパンで焼く方が食感的によさそうです。

魚焼きグリルで焼くクッキー

魚焼きグリルは片面焼き、両面焼きなどの機種の違いによって、使い勝手が結構違います。

konro

それぞれにクセがあるので、何度か自分でコツを掴むしかありません。しかし私は一度見事に焦がしたので、魚焼きグリルでクッキーを焼くことにはちょっと懲りてしまいました;;

ですが、魚焼きグリルでクッキーを焼くと

というのが魅力。

確かに魚焼きグリルって庫内も狭いし、火力は強そう。魚をパリッと焼けるくらいだから、クッキーも楽勝にいけそうですよね!

魚焼きグリルでクッキーを焼くときの注意

魚焼きグリルは火力が強いのが魅力ですが

といったデメリットもあります。アルミホイルを被せて焦げすぎないようにしたり、こまめに位置調整をするなどの工夫が必要になります。

弱火だとなかなか焼けず、中火にしてちょっと目を離したスキに焦げる・・・なんてこともあります(私が焦がした原因)

などの工夫をすることで、焦げによる失敗は防げると思います。

魚焼きグリルクッキーの特徴

魚焼きグリルは火力が強いので、サクサク食感に仕上がります。

短時間で焼けるので、節約にも効果がありそう。

電子レンジで焼くクッキー

私はまだ電子レンジでクッキーを焼いたことがありません。ですがネットを見ていたら、電子レンジで焼くクッキーは結構あるみたい。

「電子レンジで焼くって言っても、オーブン機能を使うんでしょ?うちの今の電子レンジはオーブン機能なんて付いてないもんね!」と思っていたのですが、オーブン機能を使用せずにクッキーを焼けるそうです。

オーブントースターで焼くのが一番ラクかな?と思っていたのですが、電子レンジで焼けるなら一番簡単なんじゃないかと期待しています。

調べてみたところ、電子レンジで焼いたクッキーはしっとり系が多そう。確かに電子レンジでパンを温めた場合しっとりになるし、クッキーでも同じなのかも。

電子レンジでクッキーを焼く場合、焼き上がりは最初はやわらかい状態だけど時間が経てばきちんと固くなるそうです。

そして、意外と焦げやすいとのこと。最初は短時間ずつ様子を見ながら焼くのがよさそうです。

検索しただけでも電子レンジクッキー用のレシピが結構見つかったので、今度挑戦してみようと思います。

この記事の評価

★★★☆☆

  
▲ページトップへ