400円で大満足。松永製菓でしるこサンドバイキング

matunaga-top

愛知県民にはお決まりの「しるこサンド」を製造している松永製菓が、しるこサンドバイキングをしていると知って、小牧まで行ってきました。ちょっと行きにくい場所だけど、400円で楽しめるスポットです。

松永製菓に行こう

愛知県民なら「しるこサンド」というお菓子を知っている方がほとんどではないかと思います。

スーパーで売っている、なんてことのない、地味なお菓子なのですが・・・不思議とおいしいんです。ビスケットなんだけど、間にあんこが挟まっているお菓子・・・という説明でいいのでしょうか?

近年では東海地方以外でもしるこサンドは人気があるみたいですね!

しるこサンドは愛知県を中心に販売されていますが、そもそもしるこサンドを作っているのは愛知県にある会社です。愛知県の小牧市にあります。

その松永製菓には、何と「しるこサンドバイキング」なるものがあるということを知り、行ってきました。

松永製菓へのアクセス方法

「松永製菓に行こう」と言い出すくらいですので、私は愛知県民です。

しかし松永製菓のある小牧市には馴染みがありません。愛知県のどこらへんの位置にあるのかもわかっていません。

松永製菓のサイトを見ると、アクセス方法としては・・・

名鉄 犬山線「岩倉駅」または、名鉄 小牧線「小牧駅」より車・タクシーで約15分

・・・つまり、名鉄電車を降りた後のアクセス方法は車しかないのです!車で15分ということは、徒歩だと・・・という距離ですよね・・・

しかしありがたいことに、アネが車を出してくれたので、岩倉駅で拾ってもらって行くことができました。

小牧は車が多い

私自身は免許を持っていないし、小牧に行ったことがないのですが、定期的に小牧市までパンを買いに行く父は「小牧は車が多いから・・・」と話していました。

アネも「小牧は車が多いからねぇ〜」と話していました。

小牧は車、多かったです・・・!

松永製菓のある場所が、交通量の多い道路ということもあるのでしょうけど、タクシーだと時間帯によっては駅から15分以上かかってしまうかもしれませんね。

車での移動時間をきちんと確認するのを忘れてしまいましたが、待ち合わせた時間と、最初に撮った画像のプロパティを確認してみたら・・・10分程度。平日の午前中なら比較的スムーズに移動できそうですね。

松永製菓はボウリング場にある

松永製菓のサイトを見た時から、疑問に思っていました。

何故、製菓工場の敷地にボウリング場があるのかと・・・。しかもボウリング場だけでなく、ゴルフ場もあるそうです。

まったくもって、不思議です。

アネが「あ、見えてきたよ」と言った時に、ボウリングのピンの看板が真っ先に視界に入りました。

ココが、松永製菓かぁ・・・どう見てもボウリング場・・・(しみじみ)

parking

ボウリング場というだけあって、駐車場は広いです。駅からは車でしか行けないし、小牧は車移動の方が多いのでしょうか。

いざ、しるこサンドバイキングへ

しるこサンドバイキング・・・と言っていますが、正しくは「ビスケットバイキング」ですね。間違えてた。

ビスケットバイキングをやっているのは「しるこサンドの森 あんびすきゅい」というところです。

anbisu

ボウリング場の建物の手前にあります。

taremaku

「工場直送」「フリードリンク付き」「バイキング」・・・店の前にある垂れ幕を見るだけでもワクワクしてきます!

iriguti

入り口の階段の横。U.COFFEEの看板があります!

こういうコーヒーメーカーの看板を見ると「あ〜、喫茶店だなぁ・・・」と思います!でも、こういう看板って、もしかして東海圏だけ?あまり他の地域では見ないような・・・??

nobori

のぼりがあるのもいいよね!にぎやかな感じがします。

「ビスケットバイキング」と「生しるこサンド」ののぼりは、間違いなく松永製菓のオリジナル作成ですね!

 namasiruko

店内の入ると、生しるこサンドが陳列されています。

あんびすきゅいの手前側は売店になっています。

tennai

他にも松永製菓の商品がいっぱい・・・!

turusi

個包装が好きな私は、この5連パックのしるこサンドを買うこと多いです。

5連パックの下には、メガしるこサンド。でっかい!

ウォーターサーバーも設置してあります。

撮影は忘れてしまいましたが、テイクアウト用のドリンクサーバーもありましたよ。

入店するなりキョロキョロしまくりですが、ビスケットバイキングはこの奥側。レジにてバイキングの料金を支払います。

resi

その時のレシートですが・・・400円!税込み400円です!

時間制限は60分。レシートに表示された時間から1時間後まで利用できます。

ビスケットバイキングだけで400円だと、そんなに食べられないだろうし、安くはないよね。

pepsi

ちゃーんと、ドリンクバー付きですよ。

コールドドリンクはペプシ・・・だからサントリー系ですね。

そして、またも撮影を忘れていますが、ホットドリンクもちゃんとあります。コーヒーはもちろん、抹茶オレやココアもあるので、それだけでも400円の価値があるのではないでしょうか?

teabag

紅茶や緑茶などのティーバッグもあります。

さて、メインであるビスケットバイキングですが・・・

bisusyurui

ドリンクサーバー(と呼べばいいの?)の隣にあります。

全部で12種類のビスケットが用意されています♪

サイトには「時期によってメニューが変わる場合がございます。様々なラインナップをお楽しみくださいませ。」との説明もあります。つまり日によって、違うビスケットが食べられるというわけですね!

この日、あったのは

でした。

moriawase

アネが全種類盛り付けてくれました。

バイキングに行っておいてどうかとも思いますが、昼食前ということもあって控えめです。せっかくだからモリモリ食べたい気もするけど、お菓子をパクパク食べるのもちょっとね・・・(と、言いながら、あとから追加で食べました)

ちなみに今回使った皿は大きいサイズですが、1人サイズのお皿もありました。子供が自分で好きな量を盛り付けるなら、小さいサイズの方がよさそうですね。

これだけの種類のビスケットを一気に食べる機会ってなかなかないと思います。味を比べれられるのが楽しいのだけど、最終的に「しるこサンドってやっぱり独特なお菓子だね」という結論に至りました。

追加料金メニューもある

ビスケットバイキングは400円です。

しかし、追加料金で頼めるメニューもあるんですよ。

icecase

アイスクリーム・・・!

バイキング利用で2種類150円、3種類200円。テイクアウトだと2種200円、3種250円です。

追加料金だと思うと高く思えるけど、2種類で150円って安いよね!

バニラ、ピーナッツバター、パステルマーブル、カルピス、チョコチップミント、練乳の6種類が用意されていました。結構、豊富!

生しるこサンドもあるよ!

以前、JR名古屋タカシマヤで生しるこサンドを購入しました。

念願の「生しるこサンド」をJR名古屋タカシマヤで買ったよ

通常のしるこサンドとは別のお菓子だと思いつつも、おいしかったのでまた食べたいなと思っていましたが・・・

namaannai

ビスケットバイキングだと、1個150円で購入することができます!

しかし、残念ながら持ち帰りはできません・・・。そしてバイキングをペースよく食べ過ぎたので、昼食を考えて今回は生しるこサンドは断念しました。

ところで、生しるこサンドの案内が貼ってある隣に・・・

irasuto

しるこマン?しるこマンなの??

いつもと全然テイスト違って、驚きだよ!

近所にあったら通いたいスペース

初めての松永製菓のビスケットバイキングでした。

60分400円で、ビスケット食べ放題、ドリンク飲み放題。私としてはかなりいいサービスだと思います!

しかし、我々が行った平日午前中のお客さんは・・・1組。こんなにいい場所なのに!

やはり立地場所が一番の問題なのでしょうか。

隣接するボウリング場から音が聞こえるのがダメなのでしょうか。でもボウリングで遊んだ後の一休みにも、最高のスペースだと思うな。

counter

カウンター席にはコンセントもあるんだよ。営業の一休みにもちょうどよさそう。

私的にいい休憩スペースだから通いたいけど・・・いかんせん遠いのがね・・・。どうにもなりません。

こんないいサービスのお店が名古屋市内にあったら・・・人気すぎて、今度はお店の採算が難しそうですね。

entotu

工場の隣には川が流れているのですが、近所だったら散歩コースにしてるだろうな。

私が通うには難しい場所にありますが、また機会があったらビスケットバイキングに行ってみたいなと思います。

この記事の評価

★★★☆☆

  
▲ページトップへ