手作りアーモンドバターに挑戦

IMG 0692

アーモンドバターを作ってみました。「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されたCafedeMuche(カフェ ド ムッシュ)のアーモンドバターは通販でも購入できますが、家庭での手作りも可能です。早速レシピを調べて、挑戦してみました♪

アーモンドバターのレシピ

IMG 0608

今回使用したレシピです。

アーモンドのつぶつぶ感が好きならアーモンドダイスは多めに、甘さ控えめにするならグラニュー糖は控えめに調整します。「アーモンドバター」という名称なのにバターではなくマーガリンを使う理由は、後ほど説明します。

材料はすべてスーパーマーケットで購入できます。

アーモンドプードルとアーモンドダイスは製菓材料コーナーにあります。しかしスーパーでは製菓材料の取り扱いが少ないので、売っていない可能性も高いです。身近な場所では百均でも見たことがありますが、確実に取り扱っているのは製菓材料の専門店です。

今回使用した材料

IMG 0601

アーモンドプードル ホームメイドショップKIKUYA
アーモンドダイス 富澤商店
マーガリン 小岩井マーガリン(発酵バター)

バターの風味を期待して、発酵バター入りのマーガリンを選びました。グラニュー糖は家に残っていたものを使用したので、メーカーなどはわかりません。

アーモンドバターの作り方

1.アーモンドダイス、アーモンドプードルを乾煎りする

IMG 0613 2

アーモンドダイス、アーモンドプードルをそれぞれフライパンで乾煎りします。まとめて炒りたい気もしますが、焦げるタイミングが違うので別々で作業します。炒る時は中火〜弱火でこまめにかき混ぜます。炒っているとアーモンドの香ばしいかおりがします♪

IMG 0615 2

キツネ色になったらOKです。冷ましておきます。

アーモンドプードル、アーモンドダイスを炒るときの注意

結構すぐに色味がつくので、こまめにかき混ぜます。火を止めてからも余熱で焦げてしまうので、早めに取りだしましょう。

2.マーガリンを白っぽくなるまで混ぜる

マーガリンは予め室温にもどしておくと作業がしやすくなります。

最初はブロック状に固まっていたマーガリンも、10回くらいスプーンで混ぜると急にやわらかくなりました。更に混ぜ続けると柔らかくなって白っぽくなってきます。見た目的にはマヨネーズっぽいかも。

IMG 0631 2

アーモンドバターという名前でありながらマーガリンを使うのは、白っぽくなるまで混ぜる作業が難しいからだと思われます。マーガリンはすぐに柔らかくなるけど、バターを白っぽくするのは結構な労力が必要になります。カフェ ド ムッシュのアーモンドバターも、バターではなくマーガリンを使用しています。

ですが「マーガリンよりも、バターが好きなんだー!」というバター好きの人は、バター100%で作ってみてもいいかも。市販品とは違う、オリジナルのアーモンドバターに仕上がりそうです。

3.材料を混ぜ合わせる

ここまで来たら、完成も同然!材料を混ぜあわせます。

混ぜる順番は特に決まっていないので、一気に入れても大丈夫です。が、今回は砂糖→アーモンドダイス→アーモンドプードルの順番で入れていきました。

IMG 0632 2

砂糖を混ぜたマーガリンに、アーモンドダイスを入れているところ。

IMG 0635 2

続いてアーモンドプードルを入れました。あとは混ぜるだけ!

IMG 0639 2

最初のうちは粉っぽくて混ぜにくいです。油断するとアーモンドダイスがこぼれそう。しばらく混ぜていくとマーガリンに馴染んでいきます。

IMG 0652

均等に混ざったら、完成です。

IMG 0657

2つのビンに分けて入れました。大きい方のビンのサイズは高さ5cm、直径6cmです。

手作りアーモンドバターの実食

せっかくなので、贅沢にたっぷり塗ってみました。アーモンドバターは食パンに塗ってから、トーストします。

IMG 0660 2

厚みにすると5mmくらいあるかな?べったり、贅沢に、たっぷりと!

IMG 0666

端まで塗ってしまうとアーモンドバターがトースターに落ちる可能性があるので、端はあけてあります。

先にトースターを温めておいてから、食パンを投入します。

IMG 0672

しばらくすると表面がふつふつとしてきます。

IMG 0690

焼き上がり。今回は焦げ目をしっかりつけました。

手作りアーモンドバターの感想

発酵バター入りのマーガリンを使用したためか、塩味を感じます。薄塗りの部分はなんとなくカリカリしたチーズみたい。バターの風味を狙って発酵バター入りのマーガリンを選んだけど、ちょっとニオイが気になりました。ごく普通のマーガリンを使った方が、市販のアーモンドバターっぽく仕上がるかも?

アーモンドの風味はしっかり感じられますが、つぶつぶ感を出すためにアーモンドダイスはもうちょっと多くてもいいかも。粒が大きめのタイプのアーモンドダイスを選ぶと、食べた時に存在感が出そうです。

でも、ちゃんとアーモンドバターに仕上がっています。甘みは個人的にはちょっと物足りなく感じました。次回はグラニュー糖をもう少し増やしてみようと思います。

今回は写真を撮りながらだったので結構時間がかかってしまいましたが、作業としては15分あれば作れると思います。

せっかくなので、費用も計算してみました。今回かかった価格は381円でした。

アーモンドプードル 1kg/1,100円 40g=44円
アーモンドダイス 200g/231円 40g=46円
発酵バター入りマーガリン 180g/350円 150g=291円
グラニュー糖 家庭にあったものを使用 0円
合計   381円

思った以上に安くできてる!自分でもビックリです!ネットスーパーではグラニュー糖の価格は500gで188円でした。となるとグラニュー糖は15円程度。グラニュー糖を買っていても、400円くらいで作れているのではないでしょうか。

アーモンドバターは簡単に作れるし美味しいから、プレゼントにしても喜ばれそう。実際に友人にプレゼントしましたが、喜んでもらえましたよ。友人にとってもやはり甘みが足りず、更にはちみつをかけて食べたそうです。

今回はバター入りマーガリンを使ったけど、次回はごく普通のマーガリンを使用してみようと思います。

CafedeMuche(カフェ ド ムッシュ)

本物の、姫路のご当地グルメのアーモンドバターはこちらで購入できます。



この記事の評価

★★★★★

  

▲ページトップへ