計量スプーンの選び方

spoon

計量スプーンは見慣れたキッチングッズとして100均やホームセンターで気軽に買えますが、自分の使い方や料理する時のクセに合わせて選ぶと、驚くほど使いやすく、料理の効率も良くなります。

計量スプーンのサイズ

計量スプーンは大さじ、小さじの2種類のサイズがあります。

大さじ 15ml 15cc
小さじ 5ml 5cc

計量スプーンはミリリットルの数を計れます。レシピではミリリットルでなく「cc」も使われますが、これはミリリットルと同じ数字でOKです。(ml(ミリリットル)もcc(シーシー)も、大きさ・体積を表す単位です。)

注意:グラム数は、調味料によって異なります。

例えば水は小さじ1杯5gですが、小麦粉は3g、はちみつは小さじ1杯8gになります。グラム数を計る時は、計量スプーンよりもハカリを使う方が確実だと思います。

中さじって何?

3本セットの計量スプーンに中さじがついていることがありますが、スプーンセットによって7.5mlだったり10mlだったりとサイズは様々です。これは「中さじは何ml」という規定がないためです。

小さじよりも小さいサイズの計量スプーン

3本セットの計量スプーンでは2.5mlつまり小さじ1/2サイズのスプーンがついていることもあります。

料理では塩、お菓子作りではベーキングパウダーなど、少量の調味料を計る場合に便利です。「小さじ1/2杯」と表記されたレシピは、意外と多いものです。

計量スプーンセットの組み合わせ

「私は10mlを計量することが多い」とあらかじめわかっているのなら、10mlの中さじ付きの計量スプーンを選ぶと便利です。そうでなければ、計量間違いを避けるために中さじの付いていない計量スプーンを選ぶ方がいいと思います。

小さじ1/2スプーンは、きっちり計量したい方やお菓子作りに計量スプーンを使う方にオススメします。お菓子は計量を正確にすると失敗が少なくなりますね。

計量スプーンのデザイン

計量スプーンは素材やデザインが様々です。自分にとって使い勝手の良い物に出会えるといいですね。

キッチングッズがかわいくないと料理のテンションが上がらないという方はきれいな色やかわいいデザインを、実用重視の方はステンレス製を選びましょう。

計量スプーンの素材

計量スプーンはステンレス製やプラスチック製があります。

プラスチック製は軽くて扱いやすく、色やデザインもかわいいものが多いです。テフロンの鍋の中で調味料を合わせる時も、計量してそのまま計量スプーンで混ぜ合わせることができます。


Trudeau メジャーリングスプーン 5pcs セット アソート

カラフルな計量スプーンセットは、サイズによってサイズが異なります。計り間違えを防げそうですね。

計量スプーンで油を計ることが多い方は、洗うのが簡単なステンレス製がいいと思います。片付けまで含めた調理時間の短縮になります。


SW 18-8 極厚 計量スプーン 2本組

シンプルなステンレス製の計量スプーン2本セット。

いろんな計量スプーン

計量スプーンは大さじ小さじの2種類のみですが、調べてみるといろんなデザインやアイデアのものがあります。

1本で大小計れる計量スプーン


SW 18-8 極厚ダブル計量スプーン 5・15cc

遠目で見ると鉄アレイみたい?

両端に大・小の計量スプーンが付いています。両方使っても、洗い物が1つで済むのが便利そうですね。

水平に置ける計量スプーン


貝印 SELECT 100 計量スプーン DH-3006

持ち手が折れ曲がっており、スプーンを水平に置くことができます。

最初見た時に水平に置けるメリットがわかりませんでしたが、水平に置けることで子供でも使いやすい設計になっています。計量スプーンを机に置いた状態で、醤油などを計ることができると思います。

スプーンの内側に1/2、1/4などの計りづらい分量の目盛りが付いているのもポイント高いです。

スライダー付きの計量スプーン


【正規輸入品】 KitchenArt 計量スプーン

この計量スプーン、おもしろいんですよ!

目盛りに合わせてスライダーを動かすことで、1本で大さじ小さじなどを計量できるんです。計量スプーンを何本も持たなくても、1本でキッチンをすっきりさせることができます。

いろんな材料を少量ずつ計量する必要のあるお菓子作りで特に便利そうですね。

細いデザインの計量スプーン


パール金属 ストリームライン メジャー スプーン 4PCS C-2980

計量スプーンはどれも丸っこいデザインしかないと思っていましたが、こちらの計量スプーンは細身なのが特徴。

細身であることで、細口の瓶に入った調味料を直接計りながら取り出せます。豆板醤などの中華調味料で活躍しそうですね。

この記事の評価

★★★☆☆

  
▲ページトップへ