手のひらサイズの迫力!生ロカイユを食べてみた

jouvaud-top

KITTE名古屋にある「ラ・メゾン・ジュヴォー」の生ロカイユ。遅ればせながら食べてみました!手のひらサイズの大きさにも驚きです。

はじめての生ロカイユ

KITTE名古屋が開業した時に、話題になっていることは知っていました。

ラ・メゾン・ジュヴォーというお店の生ロカイユが人気だということを。

しかし名鉄電車を利用してる私にはKITTE名古屋は微妙に行きづらく、生ロカイユの存在も忘れていました・・・が、KITTEで夕飯をした時に、急に思い出したので遅ればせながら生ロカイユを食べることができました!

そもそもロカイユって何?

生ロカイユが人気だということは知っていましたが、具体的にどんな食べ物かはわかっていません。

確かメレンゲがどうの・・・ということは聞いた覚えはあります。

でもメレンゲのクッキーって普通にあるよね?それとはどう違うのかな?

ロカイユについて調べてみましたが、イマイチわかりません。本来は小石、砂利の意味だそうです。

しかしスイーツ界においてクッキーやチョコレートのように決まったお菓子を指し示す言葉ではないみたい。ラ・メゾン・ジュボーの創作お菓子ってことなのかな?

ロカイユはメレンゲのお菓子

お店に並んでいる生ロカイユは、確かにメレンゲのお菓子という風体。

メレンゲクッキーは結構好きなので、生ロカイユもきっと私は好きな感じ!ということで、購入しました。

jouvaudhukuro

紙の袋に入れてくれます。

気取らないけど、オシャレな印象です!

jouvaudkigen

消費期限は購入日の翌日。

生ものっぽくない見た目だけど、生ものなんですね。

迫力サイズの生ロカイユ

店頭で見た時も思っていたけど、生ロカイユって結構大きい。

jouvaudsara

ケーキ皿に乗せても、どどん!

jouvaudtenohira

手のひらに乗せると、その大きさがよくわかります!

見た目は素朴な焼き菓子ですが、これだけ大きいと迫力がすごい。これで1つ300円って安いのでは?

私が購入したのは、バニラです。ショコラもあったのですが、シンプルなものから食べてみたかったのでバニラのみ買いました・・・が、あとから考えたらラ・メゾン・ジュヴォーはショコラも扱うお店だから、ショコラも買えばよかったな。ちょっと後悔。

生ロカイユを切ってみた

生ロカイユは見た感じは、メレンゲクッキーの大きいの・・・という感じ。

はっきり言って切るのは不向きなお菓子だと思います。でもさ、デカイんだよ。これ、ひとりで一気に食べるのは結構しんどいと思うんだよね。

jouvaudcut

思ったよりキレイに切れた・・・じゃなくて!

中身あるんだ?!ちょっと驚きだよ。

ナッツが入っています。

そしてカットする時に、包丁にねっとりと生地が付きました。ここら辺が「生」ってことなのかな?

食べごたえ抜群

私の予想に反して、生ロカイユはナッツがたっぷり入ったお菓子でした。ナッツが少々苦手な私、ピンチ。

でも生地は地味に好きなメレンゲクッキー(と同じに見える)。

食べてみました。

うん、予想通り外側のサクサクした部分は、よくあるメレンゲクッキーですね。おいしい。

そして大量のナッツはというと・・・メレンゲクッキーの甘さを中和してくれます。ていうかこのナッツ、おいしいと思う。ナッツが苦手な人が思うから、結構いいナッツを使っているのではないかと思います。

ねっとりした生地の部分は甘みを強く感じますが、そこもナッツが中和してくれますね。

さくさくメレンゲ、キャラメルみたいなねっとり生地、ナッツの食感。サイズは大きいけど、食感にバリエーションがあるので食べやすいです。

歯に詰まるのが悩み

しかし生ロカイユ、問題があります。

歯にくっつく・・・

ナッツは歯に詰まるし、ねっとり生地は歯に絡みつく。そしてさくさくメレンゲは粉がポロポロ落ちます。

なかなか難儀な食べ物です。私にはこれを外で食べることはできそうにありません。

生ロカイユのスマートな食べ方が気になるところです。

この記事の評価

★★★☆☆

  
▲ページトップへ